プラヒート床暖房

快適な輻射暖房。歴史に刻まれた安心システム

輻射熱と伝導熱で身体を直接あたためます、

プラヒートシステムは、プラヒートを床コンクリート内に断熱材と共に埋め込みます。 耐久性・防水性に優れたプラヒートならではの安全なシステムで、高い信頼性を誇っています。空気汚染や、電磁波を嫌う施設、天井の高い大型建築物への導入に最適なシステムです。

日が射した部分の発熱を抑え、周辺の床面温度と同等の温度に保ちます 日が射した部分の床面温度が上昇するとプラヒートのPTC特性により、その部分の発熱を抑え、周辺の床面温度と同等の温度に保つ働きをします。

熱による家財への影響を防ぎます 家財などを配置した場合に、その下面の発熱を抑え、熱による家財への影響を防ぎます。

輻射だから室内空気よりも人を暖めます。

プラヒート施工図

発熱体(PTC)特性とは

プラヒート#200の 温度による抵抗変化特性グラフ

PTCって何だろう?

温度が上がると、電気抵抗が増え、発熱量が減って一定の温度を保つヒーター特性をPTC(Positive Temperature Coefficient:正の温度係数)特性といいます。
PTCヒーターは温度上昇に伴い消費電力を抑え、安全な温度をヒーター自身によって制御できる省エネタイプのヒーターです。

●温度による自己制御(PTC)特性 プラヒート#200(200V用)

プラヒートを使用したシステムは、熱源温度が比較的低いため「低温やけど」の心配がありません。それでも充分な暖かさが確保できるのは、熱源のプラヒートから放出される遠赤外線輻射熱の波長が長く、人体への熱吸収効果が高いためです。 又、面状であるので熱を伝える面積が広く、小さい温度差で熱を早く伝えることができます。

  • ■ 誘導性ポリマーを厚さ1mm、幅広且つ柔軟性のあるシート状に加工し、両端に2mm2編組電線を一体化させたもの。
  • ■ 温度上昇と共に抵抗値が増加して発熱量を抑制するPTC特性を有する。
  • ■ 発熱素材の耐熱温度を低く設定 80℃以上での連続使用では溶断して安全サイドに壊れる。
    (乾式の場合、発熱体周辺が可燃物であるため火災を未然に回避出来る。)

構成部材

標準施工断面図

湿式工法敷設断面図

湿式工法施設断面図

ネットワークフロア仕様断面図(OA対応)

湿式工法施設断面図

プラヒートの構造図

プラヒート 構造図

プラヒート断面図

プラヒート断面図

規格

品名 電圧 出力 寸法
(V) (N/m) 幅(mm) 厚さ(mm) 長さ(1本あたり)
#160 200 60 195 3 20mまで施工現場に合わせて
任意に加工します。
#200 100/200 70 235 3
#300 200 100 327 3